移動平均線の期間は何が良い?25MA?75MA?200MA?株チャートで解説

株式投資

チャートには様々なテクニカル指標が搭載されていますが、一番メジャーなのは「移動平均線」かと思います。ヤフーファイナンスでもデフォルトで表示されていますし、証券会社の準備するチャートソフトにも必ず「移動平均線」があります。移動平均線だけで勝てるという物でもありませんが、多くの投資家が見ている重要な指標である事は間違いありません。

しかし、一言に移動平均線と言っても、それを表示させるには「期間」を選択する必要があります。

これがありがたいことに、たくさんの中から選ぶことができるものもがほとんどで「どれを選べばよいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか?

株取引においては「5日・25日・75日」の利用ユーザーが多く、「13週と26週」も見られるケースが多いようです。

各社の株式チャートを開いてみるとどうなっている?

実際に各証券会社が用意しているチャートでは、移動平均線の期間がいくつになっているでしょうか?各社の株式チャートを見ていってみます。ここでは検索順位上位4社のチャートを参考に致しました。

●みんかぶチャート

みんかぶチャート.png

〇yahooチャート

yahooチャート.png

〇日本経済新聞スマートチャート

日経新聞チャート.png

〇楽天証券チャート

楽天証券チャート.png

移動平均線が2本だけのパターンもありましたが、「5日・25日・75日」という期間が多いです。証券会社が準備するチャート仕様によっては3つを表示できないものもあるため、2つずつになっているところもありますが、多くの証券会社が「5日・25日・75日」をデフォルト表示にしています。

一週間は5日間です。

さて、何故「5日・25日・75日」がデフォルトになっていますが、その共通点は何でしょうか?

共通点は「5の倍数になっている」ということです。
(5=5×1、25=5×5、75=5×15)

これはたまたまではありません。「5」は、株取引の一週間が5日間であることに起因します。「あれ?一週間は7日間なのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、株の世界でいう一週間は5日間です。株の証券取引所は土・日開いていないため株の取引が実質月~金曜日の5日という事になります(もちろん祝日など、証券取引所は土・日以外にも休みのときがあります)。

例えば7日間表示になると、月~金+月・火のようにキリが悪くなってしまうのですね。「5日・25日・75日」をもう少し踏み込んで考えてみますと、以下の期間の株価平均値をとっている事が分かります。

5日:一週間
25日:約1か月(5週間)
75日:3か月(15週間)

上記のように転換することによって、「その移動平均線はどの期間を狙った平均値なのか?」を理解することができます。

13週と26週も参考に。

ヤフーファイナンスを見ますと、デフォルト表示が13週と26週になっているのに気が付かれた方もいるかと思います。これまた半端な数字に見えますが、1年=52週である事を考慮すると、

26週:半年間
13週:3ヶ月間

という事が分かります。やはりここにも「意味」がある事が分かりますね。週間単位でキリが良いというのがありますが、そもそもデフォルトがこのようになっていましうので、13週、26週、5日、25日、75日を見ている投資家が多いのが事実です。

もちろん、移動平均線だけで勝てるものではありませんし、移動平均線だけを過信すればよいという訳でもありません。しかし、どうせ移動平均線を参考にするなら、他の投資家も意識する可能性が高い、13週、26週、5日、25日、75日を表示させて相場に慣れていくのが良いでしょう。