一目均衡表の使い方。株チャートにおいて一目均衡表は万能なのか?

株式投資

有名なテクニカル指標の1つに「一目均衡表」があります。これを使っているトレーダーも多いと思いますし、一目均衡表の雲で相場が意識するような動きをする事があるのも事実です。トレードをしていくための指標の一つとして、利確や損切等の目安にするのも良いでしょう。この記事では、一目均衡表について解説していきます。

そもそも、一目均衡表とは?

株式評論家の細田悟一氏が「一目山人」というペンネームで発表したテクニカル指標です。「一目」というのは「一目瞭然」であり、一目見ればわかるということからその名を取ったそうです。

この指標は、「時間」という概念に焦点を当てたテクニカル分析です。「相場は買い方・売り方の均衡が崩れた方向に動く」との考えに基づくもので、以下の5本の線で構成されています。

①基準線

過去26日間の最高値・最安値の中心地を結んだ線。
中期的な相場の方向性を示します。

②転換線

過去9日間の最高値と最安値の中心値を結んだ線。
短期的な相場の方向性を示します。

③先行スパン1

基準線・転換線の中心を26日先に先行させて記入した線。「先行スパン2」と合わせて「雲」と表現される事もあります。

④先行スパン2

過去52日間の最高値・最安値の中心を26日先に先行させて記入した線。「先行スパン1」と合わせて「雲」と表現される事もあります。

⑤遅行スパン

当日の終値を26日前に記入した線。

チャート_一目均衡表①.png

この5本の線を使うことによって、相場のトレンド転換の時期や下げ止まり・上げ止まりを判定することを目的としたのが一目均衡表です。戦前(1936年)に発表された歴史ある指標で、外国人トレーダーからは「東洋の神秘」とも言われているそうです。

機能している所もあるようだけど・・・

さて、この一目均衡表ですが、もちろんの事ながら「常に万全!」というわけではありません。一目均衡表をマスターするにはかなりの時間を要すると言われていますし、そもそも万能なテクニカル指標は存在せず、一目均衡表であったとしても、ダマシなんかいくらでも存在します。

チャート_一目均衡表②.png

矢印で「はずれ」、「あたり」と書きました。

「あたり」と書いたのは、株価が転換線を下から上に抜けたポイントです。あくまで使い方の一つとなりますが、こういうポイントで買うと利益が出るとされており「あたり」の部分で実際に買っていれば、その後の上昇で利益が出たという事になります。

しかし、同様に相場が転換線を上抜いたポイントとして「はずれ」と書いてあるシチュエーションもあります。株価が転換線を下から上に抜けたのでセオリーで行けば「買い」サインとされるところですが、株価はそこから急降下しています。むしろこの転換点が株価のちょっとしたピークでそこからは相場は下がってしまいました。

こういう風に、一目均衡表が機能しないことは往々にして発生します。うまく機能するように見える一方で、そうでないことも同様に多いのが現実なのです。先ほども申し上げましたが、万能なテクニカルは存在しません。チャートに一目均衡表を表示させてみるのも良いですが、あくまで「現状の相場水準はどのあたりにいるのか?」くらいを把握するくらいの使い方が丁度よいと言えるでしょう。

一目均衡表と移動平均線を組み合わせたら?

一般論として「1つのテクニカル指標に頼りきってはいけない」と言われています。そこで多くの方が取り組むのは「一目均衡表と移動平均線の併用」ではないでしょうか?どちらか一方だけではダマシも多く使いにくいですが、複数の指標を組み合わせて判断することでトレードの精度を上げようという考え方です。実際、両方の指標が同時に目安となるポイントに来れば意識される事も多く、相場が動いていくポイントになる事もあります。

しかし、一目均衡表と移動平均線を組み合わせたからと言って、株トレードが完璧になる訳ではありません。やはりダマシは発生するものですし「一寸先は闇の相場」において、複数のテクニカルを使ったところで完璧になるという事はありません。また、今回の説明では一目均衡表の相棒として移動平均線を選びましたが、それがMACDなら良いとか、RSIだったら読めるとか、そういうレベルの話ではありません。あくまでテクニカルは過去の相場の平均値を結んだりしただけのものであり、「だまし」を減らして安定的なトレードができるようになるかと言えば、決してそうでは無いのです。

「すごい人が開発したテクニカルだから!」と言って過信せず、やはり出来高や板を見ながら「現在」を見てトレードしていくのが最適と言えます。一目均衡表は相場の意識されるポイントにはなりますが、こればかりを盲目的に信じても上手くいきませんので、注意していきましょう。