株式売買は順張り手法の考え方。「落ちるナイフはつかむな」

株式投資

株式トレードで大切なことは、選ぶ銘柄を間違えないこと、そして、最適なタイミングで購入をすることです。良い銘柄は「私どもの開発しているAI」を使って選ぶのが一番良いのですが、次に大事なのは、「どのタイミングで購入をするか」です。

株式を購入するにあたって、そのタイミングは大まかに分けて「順張り」「逆張り」があります。それについて見ていきましょう。

順張り

投資手法の1つで、相場の上昇局面で買う、下落局面で売るという考え方です。順張りは、すでに発生している相場トレンドに沿った形であり、投資の基本とも言えます。セオリー通りに出来高の上昇を伴いながら上がってきている銘柄を素直に順張りで買うのが一番良いのです。

なお、順張りをやろうとする時に、できるだけ「上昇トレンドの初期段階」で買いたいと思う事もあるかもしれませんが、トレンドをまるまるとれることなんて、余程の強運ではない限りありえません。出来高を伴って上昇している銘柄を見極めて順張りで仕掛け、上昇が継続する中でサクッと利益をとるのがポイントとなります。

逆張り

逆張りとはその名の通り、順張りとは逆を狙う手法のことです。投資手法の一つで、相場の下落局面で買う、上昇局面で売るという考え方です。 逆張りは相場の流れに逆らったような投資スタイルであり、上手くいけば相場の底で買いを入れる事ができるので「成功すれば大もうけ!」です。

しかし、相場の底を狙いにいったのに、そのまま相場が下がり続ければ、含み損の株を保有することになってしまいます。逆張りは下がってきている株を買う考え方ですが、どのタイミングで上昇していくのかは誰にも分かりません。逆張りは「そろそろ反発して株価が上昇するだろう」などと憶測で買うような方法であり、ギャンブルに近い手法です。

高く買って「もっと高く売る」

株で儲けるためには、なるべく安く買って、高く売るのが一番良いように見えます。しかし、相場には「落ちるナイフはつかむな」という格言があります。要は、「ここが安い!ここが底だ!」と思って買おうとしても、それは現段階で下がってきているというだけで、どこまで落ちるか分からない怖さがあります。チャートだけ見て安易に割安感だけで買ってしまうと、もしかしたら不人気の株を掴まされてしまうかもしれないのです。

そこで、最初はちょっと怖く感じるかもしれませんが、株は「高く買って、もっと高く売る」というマインドセットで取り組んでみる事を推奨します。買い需要があり、人気の高い株を上昇トレンドで買って、更に高く売り抜けるのです。しっかりと上昇トレンドの波に乗る考え方=つまり順張りです。

具体的なチャート事例

さて、実際のチャートでみてみます。

1.png

人気上昇中の「イオン」の株です。2018年に入ってからの株価の伸びは綺麗な上昇トレンドです。イオンの株自体に買い需要があるので、上昇トレンドが続いているのです。こういう銘柄を狙って「現在上昇していている株を買う」というのが順張りの手法です。

お次はこちらです。

2.png

これは「カッパ・クリエイト」の株です。例えば、株価が下がったからといって赤丸の段階で購入したとしても、その後はイマイチ株価の変動がありません。つまり、いくら安く買っても、それは感覚的に「安くなった」と感じるだけで、そこに「これから上がっていく保証」はどこにもないのです。今まで上がっていた銘柄が急に下がったからと言って、それは「買い時」という意味ではなく、何かしらの理由があって下がっているという事なので、割安感だけで売買をしても上手くいく保証はありません。

最後はこちらです。

3.png

「すかいらーくHD」の株です。会社の業績が株価上昇の一因になるのが一般的ですが、この時は株主優待が改正された事が上昇の大きな要因になりました。2017年2月の優待より従来の優待の3倍に改良されたことを受け、株価が一気に回復したのが分かります。このような「株価上昇」の材料があるのを確認して、その事実の上で「買う」のも順張りによる買いトレードだと思います。

さいごに

いかがでしたでしょうか。このように、上昇トレンドの株は割高感があって手を出しにくいかもしれません。しかし、上がっているのには何かしらの「理由」と「事実」があるという事なので、その事実を見て買う「順張り」は正しい投資行動です。「安くなってきたな」と思って安易に安くなった株を買うのはやめ、出来高を伴って上昇している「事実」を見て買うのが得策です。「落ちるナイフはつかむな」という格言をお忘れなく。