バフェット流。投資銘柄の選び方

株式投資

株式投資法には有名無名問わず数多くのものがありますが、その中でも特に多くの投資家に名が知れ渡っているのが「ウォーレンバフェットの投資法」かと思います。今回は、ウォーレン・バフェットさんの投資法について書いていこうと思います。

ウォーレン・バフェット

ウォーレン・バフェットは、アメリカの投資家であり、世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主・会長兼CEOです(2018年現在)ウォーレン・バフェットは、長期投資を基本スタイルとし、50年で資産を7,000倍にしたというとんでもなく高い運用実績があり、「投資の神様」と呼ばれています。

バフェットは、世界中がITバブルで湧いた時代にも冷静さを保ち、ハイテク株には手をださずにトレードスタイルは一貫してブレることはありませんでした。その常に保たれる冷静さこそが、プロトレーダーに求められる資質なのかと思います。

その彼の投資スタイルはとにかく一貫性があります。

そんなバフェットは「成長しそうな割安・優良株を買う」という銘柄選びにこだわっています。割安・優良株を長期期間保有し、利益がしっかりと出るタイミングで売るのです。バフェットは1度買った株は基本的に利益が出るまで手放さず、じっとその時を待っていると言われています。この我慢強さが成功の鍵を握っているのかもしれません。

割安・優良株の見つけ方

そんなバフェットにならって、割安・優良株の見つけ方を紹介します。「PER」と「PBR」の2つの指標を使って探していきます。

PER

PERとは、株価収益率のことです。1株あたりの利益から株価の割安性を判断する指標です。

計算式:PER=株価÷純利益(1株あたりの利益)
例:株価が1,000円で1株あたりの利益が50円とすると、PERは20倍。
よってこの数値はなるべく低いほうが良い。

目安としては10倍以下だと割安となり、PER的には「買い」になります。

PBR

PBRとは、株価純資産倍率のことです。これは、株資本から株価の割安性を判断する指標です。

計算式:株価÷BPS(1株あたりの株主資本)
例:株価が900円で1株当たりの株主資本(BPS)が300円とすると、PBRは3倍。
よってこの数値はなるべく低いほうが良いです。

目安としては1倍以下だと割安なので「買い」になります。

この2つを条件に銘柄を探すと、数字上は割安・優良株に絞ることができます。ですが、この2つの指標の数字はあくまで「参考数値」であり、これが買い水準だからと言って全力で買えば良いという訳ではありません。

「PER」と「PBR」は指標の一つというだけで、実際には、自分なりの目安はルールを決めて、こういう見方で銘柄を見つけていく必要があります。

バフェット流投資法はウォーレンバフェットだからこそ出来る。

バフェット流投資法は、割安・優良株を購入して長期保有をすることで成立します。ですが、株価が上がるのを待って長い間ずっと保有しているのは、実際にはとても難しいことです。

株価が調子良く上がればよいのですが、下がっても我慢して保有し続けるのが基本であり、そのまま含み損状態でズルズル下がり続ければ大損をするかもしれない危険な手法です。また、どんなときでも株を手放さずに長期保有し続ける強靱なメンタルも必要になります。

「株の購入→ホールド」というシンプルな方法なのですが、実はバフェットさんのように成功者が続出していないのは、そのメンタルが故ではないでしょうか。精神的な強さには見習いたいところですが、実践的に誰でも出来るか?というと実際にはかなり困難と言えます。だからこそバフェットさんは唯一無二の「投資の神様」なのかもしれません。

また、そもそも長期保有するのが基本になりますので、資金によっては他の株を買うための余剰金がなくなってしまい、身動きがとれなくなってしまうというデメリットも存在します。やはり万人向けの手法とは言えなさそうですね。

さいごに

今回は、バフェットさんの手法を解説しました。「安く買って、高く売る」というシンプルな行動パターンに見えますが、資金繰りやメンタルの強靭さを考えると万人向けの方法とは言えないでしょう。また、世界経済はいつ傾くかわかりませんし、このような長期保有を考えるには、運の要素にも左右されます。資金繰りを良くするためにはデイトレやスイングトレードなど、資金を回しながら大きくしていくのが我々個人投資家にとっての一つの手段です。

個人的にもバフェットさんは投資の神様だという事に疑いの余地はありませんが、万人向けの手法ではありませんのでバフェットさんの方法をまねるよりも、そういった精神的な面を見習い、自分ありのトレードスタイルで勝負をしていくのが良いと言えるでしょう。