逆張りVS順張りどちらが有効?株式トレードで考えてみた。

株式投資

株トレードの取り組み方として、「逆張り派」と「順張り派」が別れる事があります。結局のところどちらがより有効なのか?は、結論が見えないように思います。もちろん、個々人にとって取り組みやすい方法はありますが、あくまで客観的に言えば「順張り」は事実を見て戦略的に利益をとる手法で、「逆張り」は運に任せるような手法になります。その違いについて解説してまいります。

そもそも逆張り・順張りとは?

まず、それぞれの手法がどのようなものかを確認します。

順張り

順張りは正攻法とも言える手法です。相場の上昇局面で買う、下落局面で売るという取引手法を差します。これはトレンド・相場に沿った形であり、投資の基本とも言える手法です。以下の画像のように、株価が下がっている途中段階で売り、株価が上がっている途中段階で買いを考えます。

1.png

逆張り

一方、逆張りとはその名の通り、順張りとは逆を狙います。相場の下落局面で買い、上昇局面で売るトレード方法を指します。

2.png

逆張りは発生しているトレンドに逆らう売買を狙う投資スタイルになりますが、もし仮に成功すれば大もうけできます。つまり下がっている場面であれば、株株価が安い時に買うことができ、その後に株価が上がって元の水準に戻ってくれば、その差額として利益が出るためです。しかし「割安感」で株を買ったとしても、それが本当に良いのか分かりません。売り需要が高まっている結果として相場が下がっていますので、そのままさらに売り圧力が強まれば更に相場が下がり、塩漬け株を保有することになる恐れもあります。結局のところ「どこまで落ちるか分からない」ため、運に身を任せるような手法なのです。たまに相場の底を捉える事もできますが、基本的に逆張りは「もしかしたら相場の底を捉えられるかも?」という、ハイリスク・ハイリターンな手法になります。

上昇トレンド・保ち合い相場・下降トレンド

さて、そんな順張りと逆張りですが、私個人としては「順張り」での実践を推奨します。先ほども申し上げましたが、逆張りは「いつか上がるかも」という運に任せる考え方である一方、順張りは「上がっている事実を見て買う」戦略性があるためです。しかし、そんな順張りにも得意・不得意な場面があります。

やっぱり順張り

順張りと逆張りに関しては、もちろんそれぞれに利点があるのが事実です。とくに長期トレードを狙って配当金や株主優待を受けたい方にとっては、株価は安く手に入れた方が嬉しいと思います。

しかし、初心者にとってはやはり逆張りはリスクが高く、オススメは出来ません。ハイリスクが伴う手法の上、逆張りを狙おうとすると、トレンドに逆らったポジションを持ってしまい、ズルズルと損が膨らんでしまう可能性があります。逆張りは「いつか上がるかも」という運に任せる考え方なので、コントロールもしにくいです。

その一方で順張りは「上がっている事実を見て買う」戦略性があります。マーケットの投資家の流れに乗る形で、且つ、現時点で買い需要のある株を買うという素直な考え方なので戦略的に無理がないのです。もちろん順張りでもうまくいかない時があります。買い需要があると思って買ったのに、急に相場の流れが変わってしまう事があります。そういう時には、すぐに損切りすることも必要となります。

さいごに

一般的に言われる、順張り・逆張りという概念ですが、実はその背景にある「多くの投資家による需給関係」に目を向ければ、逆張りは運に任せる考え方になってしまい、順張りは事実を見て買うという戦略的な行動をとることが出来ます。

初心者にとって株トレードは難しいかもしれません。しかし、「いつか上がるだろう」という運に任せた難しさより、買い需要を見極めて買うという「慣れてない難しさ」の方が克服のしがいがあります。トレンドに逆らわず無理のないトレードを心がけ、株式投資の経験を積んでいきましょう。