株の売買を土日にできるのか?できないのか?土日に取るべき行動は?

株式投資

日本で一番規模の大きい東京証券取引所では、実は、現物株取引ができる曜日や時間が決まっています。

前場:平日(月~金)の9時~11時半
後場:平日(月~金)の12時半~15時
※その他日本の証券取引所は15時半までと30分長くなっています

上記より分かりますように、原則として土日は株相場は開いていません。更に月曜〜金曜でも、祝日や年末年始等で休みとなる日があります。

土日でも注文は出しておく事ができます。

証券取引所は上記のように開いているのは「平日の昼間」です。平日にお仕事がある方は相場が動いている時にリアルタイムに取引できないと思います。しかしネット証券なら基本的に24時間いつでも注文を出すことが出来ます。

例えば、後場が終わった15時以降にトレードの注文を出すと、翌営業日の朝9時にその注文が受けつけられ、トレード処理が行われます。※金曜日の15時以降に入れた注文に関しては、土日を挟んで翌営業日となる月曜日の注文扱いとなります。翌日が証券所の休みのときも同様です。

また、SBI証券に限っては、PTSという私設取引システムを使って夜間にリアルタイム取引も可能となっています。今ではさまざまな手法があり、いろいろな人が株トレードに参加しやすくなっています。

土日に相場をチェックしておこう

また、土日にリアルタイムトレードはできませんが、チャートチェックなら土日でもできます。特に、長期トレンド方向などを把握しておき、来週からのトレードに備えるのはとても重要です。

ある程度時間があれば、気になる銘柄をピックアップすることもできます。土日の間に注文を出しておき、月曜日に約定させることだってできます。また、チャートを様子見しておけば週明けに相場付きが変わっても、先週までの流れが頭に入っていることで、素早く対応することができます。

リアルタイムに相場をチェックできないと損した気分になるかもしれませんが、デイトレードなどの短期トレードは大変難しいです。1分1秒の流れを読むのはハードルが高いので、中期・長期トレードをベースに取り組んでいけば、相場が開いている時にリアルタイムでチャートを見れなくても、後場が終わったあとや土日に注文を出しておく事で、株トレードに取り組む事が可能です。中・長期トレードに取り組むのであれば、夜や土日の時間があるときに注文を出しておくだけで充分です。

日本と欧米の違いは?

こちらは余談です。欧米でも同様に、証券取引所が営業しているのは平日だけですが、時間が少し違います。

・アメリカ(ニューヨーク)・カナダ(トロント)
9時半~16時
・イギリス(ロンドン)
8時半~16時
・ドイツ(フランクフルト)
9時半~17時半