売買候補の株式銘柄をリストにしておくととっても便利

株式投資

株式投資を行っていると「自分の好きな銘柄」や「よくトレードする銘柄」が出てくると思います。我々の提唱するAIを味方にしていれば、そういう銘柄はAIに記録しておけば簡単なのですが、AIの無い方でしても「自分の銘柄リスト」は普段から一覧にしておくと良いと思います。と言っても、ノートに手書きで書いておくまでしなくて構いません。証券会社のチャートソフトやアプリに覚えさせておきましょう。

10~30銘柄をリスト化しておこう

10〜30銘柄というのは「一つの目安」です。投資スタイルによって、普段からトレードする銘柄の数は異なると思いますので、自分が気になるだけ、必要と思う分だけの銘柄をリスト化しておくのが良いです。

今回は10〜30銘柄をリスト化する事についてお話していきます。

株トレードアプリの「お気に入り機能」を利用することで、銘柄は簡単にリスト化可能です。パソコンの株トレード用ソフトもいいですが、スマホのアプリはいつでもどこでも見ることが出来ますので手軽です。多くの証券会社がトレードするためのツールとしてアプリを準備していますので、あなたのスマホに入れておきましょう。

タップだけで完了!カンタン銘柄リストの作成法

今回は、楽天証券の「iSPEED」というアプリで銘柄をリスト化していきます。楽天証券の「iSPEED」は気に入った銘柄情報の上の☆マークをタップするだけで、その銘柄を「お気に入り」に保存することが出来るので使い勝手が良いです。

しかも、お気に入りページは10ページまで保存でき、「テーマ」ごとにわけたり、自分が気になっている度合いでわけたりと、銘柄リストをカスタマイズすることが出来ます。「お気に入り」に登録しておけば、お気に入りのページからすぐにチェック株価のチェックや前日比のチェックも出来ますし、注文も行う事が出来ますので売買タイミングを逃しません。

以下のように簡単にお気に入りに追加が出来ますので、ぜひ、自分の銘柄お気に入りをリスト化していきましょう。

お気に入りへの銘柄登録は右上の「☆」をタップします。

2.jpg

このお気に入りのページの名前は自由に変更する事ができます。また、銘柄一覧の表示方法をブロックごと表示やチャート付き一覧に変更する事もできますので、使い勝手の良いようにカスタマイズしていきましょう。

6.jpg7.jpg

普段の生活がすごく楽になります。

このようにお気に入りの銘柄のリストを作成しておけば、忙しい日常でもスキマ時間で株トレードを行うことができます。「売買する銘柄の決定」→「スマホでアクセス」→「注文」→「完了」と、お気に入りに登録をしておけば、瞬時に注文が完了します。スマホ1つで簡単タップによるトレードが行えるため、スムーズな取引を行うことができます。トレードを重ねていけば自分のお気に入りの銘柄が出てくると思いますので、気になる銘柄はどんどんお気に入りに登録をしていきましょう。

銘柄スクリーニングや売買ポイントの見極めは大事ですが、普段の生活における注文に至るまでのステップは簡素化するのが良いです。「お気に入りの登録」を活用していきましょう。