株の銘柄選択。株主優待がおもしろい!

株式投資

株式投資の楽しみは利ざやを稼ぐことだけにあらずです。株を一定数購入することで、権利を得られる「株主優待」に着目していますでしょうか。実はこの株主優待、それぞれの企業の特徴が出ていて、日常で使えるお得な特典がいっぱいあります。

今回はそんな株主優待についてご紹介していきます。

株の保有目的は3種類

株を保有する目的は以下の3つに分けられます。

①株価が上がったら売るため
②配当金をもらうため
③株主優待を受けるため

従来のイメージでいくと、トレードによる「利ざや」を稼ぐ①に注目が集まりがちですが、実は②や③も必見です。

②配当金

配当金とは、その企業が利益を出したとき、利益の一部を株主に還元するお金のことを指します。 企業が配当を実施している間は、株を持ってさえいれば配当金を受け取ることができます。 株価変動リスクを度外視すれば、銀行に預金するより配当金がたくさん出る企業の株を持ってる方がはるかにお得です。もちろん株価の上がり下がりがあるので「株を持ち続けること」が安定した貯蓄になる事はありませんが、金利が低い現代ではとってもありがたい制度ですので、この配当金目的で株を保有している方も多いと思います。

③株主優待

株主優待とは、その企業が一定数以上の株式を保有する株主に対して、自社製品や割引券などを贈呈する、一種の利益還元策を指します。これはお金とは違い現物給付が基本ですが、トレードによる利ざやを得る事を目的とせず、株主優待のために株を保有する投資家も多くいます。株主優待は、①や②を超える魅力がある銘柄もあります。

知らなきゃ損する株主優待の魅力

テレビ番組で取り上げられた株主優待のみで生活している桐谷さん」によって、株主優待に注目が集まっています。一定数の株を買わなければ株主優待を得る事は出来ませんが、実は、10万円以下で買える株も結構あります。

例えば、「アトム」では100株=95,000円(2018年)で買えますが、株式を保有していれば、3月と9月にかっぱ寿司などで利用できる食事券が2,000円分貰えます。ただ株を保有しているだけで年間4000円分の食事券をゲットすることが出来るという事です。

1.jpg

2.jpg

また、「ヤマダ電機」では、たった27,000円程度(100株の価格・2018年)で株主優待の権利が得られます。ヤマダ電機の優待は、100株保有で3月と9月に優待割引き券が貰えるという内容です。年間で3,000円分ですので、優待利回りはかなり良いです。

3.jpgまた、これらの株主優待情報は、スマホの株トレードアプリからでも簡単に確認することができます。例えば以下は、最近話題となっている「日本ギア工業」です。100株52,500円(2018年)で購入することができる格安株なのに、年2回(3月末・9月末)1,000円相当のクオカードを受け取ることができます。

4.jpg

この優待が始まったのは、平成29年7月31日です。それまでは全くの無名企業でしたが、1,000円×2回の優待ができたことで、優待利回りは約4%にUP。一気にその注目が集まりました。このように、10万円程度の資金でも株主優待を楽しむことができるので探してみてくださいね。

もう少し大きな金額があれば

もう少し資金があれば、さらに大きな優待を受けられることができます。例えば「すかいらーくHD」は100株162,000円で購入することができます(2018年)。こちらの株主優待は、ガスト等のレストランで使える飲食代割引カードを年2回貰えます。ご家族での食事で使う事ができますね。

7.jpg

100株の場合1年間で6,000円ですが、300株を保有していると、年間20,000円の優待を受けることができます。多くの企業の株主優待は、300株など単位が上がるとお得度が下がることが多いのですが、「すかいらーくHD」は珍しいパターンです。500株では年間33,000円、1,000株では年間69,000円とどんどんお得度がUPします。

さいごに

株トレードのように一攫千金を狙うなどは出来ませんが、株主優待は普段の生活でお得を得る事ができます。色々探してみると、お宝優待を発見できると思いますので、是非、探してみてくださいね。

また、株主優待は難しい株の売買を何回もすることもなく、株を買って保有しているだけでずっと優待を受けることができる手軽さもあります。取引をする時間がないという方やあまりマメではないという方は株主優待もチェックしてみるのも良いかもしれません。