大事な資産を運用するために、株を始めてみては?

株式投資

資産をどのように運用したいけど、どのようにすればいいのか、このまま銀行の預金に預けたままでいいのか、迷っている方も多いと思います。資産を運用するのに、株式投資を始めてみるのもよいかもしれません。日本株では10万円以下で買えるものもあり、配当金が受け取れ、株主優待が充実している銘柄もあります。

定期預金の低金利が続いている

1.定期預金の低金利が続いている.jpg

これまで投資をしてない方や、株を買ったことがない方の中には、銀行の定期預金が安全でいい、減ることもないし安心と考えている方も多いと思います。
たしかに銀行の普通預金や定期預金は、預けている金額から減ることはないので安心ですが、残念ながら最近の低金利でなかなかお金は増えていきません。例えば300万円を定期預金に預けて、金利0.04%としても1年で1,200円の利子がつくだけになります。

物価は上がっていく

2.株価は上がっていく.png

定期預金に預けているお金は、数字上は減ることはないのですが実は目減りしています。日銀のインフレ率は年2~3%の物価上昇を目指しています。物価はどんどん上がっていくのに、持っているお金が増えなければ、資産の価値が下がっていることになるのです。
例えば、昨年100円で買えたものが、今年は102円になっている、たった2円と思うかもしれませんが、積み重ねていくとかなりの額になります。

このように物価が上がっていくのに、現在の定期預金の低金利では物価上昇分をカバーできない状況です。加えて給料がなかなか上がらない、上がっても税金も高くなり手取りが増えない、となると、今もっている資産をどう生かすか、にかかってくるのです。

株は少額から始められるが、マイナスになることも・・・

3.株は少額から始められるが、マイナスになることも・・・.jpg

資産を運用する方法として、株があります。株というと何百万円もないと買えないのでは、と思う方もいるかもしれませんが、中には10万円以下で買える銘柄もあります。投資や株を買うのは初めて、という方は不安もあると思いますが、数万円でしたらおこづかいの一部で株を買ってみることができるかもしれません。まず、数万円で将来性の見込める日本企業の株を買ってみると、その後の値動きにも敏感になれ、経済についても分かってきます。

ここで、まず10万円以下の株をお勧めするのは、株式は投資ですのでマイナスとなる可能性もあるからです。これまで預金しかしてこなかった方にとって、5千円、1万円とマイナスになっていくことは、とても損した気分になり辛いことです。これが100万円の株の場合は、ふり幅も大きいので5万円、10万円とマイナスになることもあります。もちろんプラスになることもありますし、それを狙っての株式投資ですが、マイナスになることもあるということを肌で感じるためにも、まず少額で買える株式投資をお勧めします。

売却益はもちろん、配当金収入と株主優待が魅力!

4.売却益はもちろん、配当金収入と株主優待が魅力!.jpg

株式に投資した場合、安い時に買って高い時に売る、という売却益で資産を増やすことができます。ただ、始めたばかりの場合は、安いのか高いのかの判断も難しいですし、株のことばかり考えているわけにもいきませんので、長期保有をするという選択も視野に入れるといいでしょう。

長期保有をした場合は、その企業が配当を実施してくれれば、株を持っているだけで配当金を受け取ることができます。配当金は年2%を超えてくれば高配当と言われています。例えば10万円の株で年間2千円を配当金で受け取れます。これが100万円の株だと年間2万円となるわけです。配当金が変わらなければ5年間で10万円になりますね。こうして配当金を受け取りながら、もしその株が買った時より高くなったら売って、売却益をもらう、ということもできます。

また、日本株の場合は株主優待を実施している企業もあります。株主優待はその企業が持っている施設の入場料が割引や無料、また飲食店であればお食事優待券などがもらえます。

ここでヤマダ電機の配当金と株主優待をみてみます。(2019年1月16日現在のデータ)
現在の株価が527円で最低単元枚数が100株。52,700円で買えますので、10万円未満で買える株式になっています。
1株あたりの配当金は直近で13円ですので、52,700円に対して年間1,300円の配当金が受け取れます。約2.4%ですので高配当になります。

そして株主優待は3月末に株を持っていた場合は、1枚500円のヤマダ電機の割引券が2枚、9月末に株を持っていた場合には、1枚500円のヤマダ電機の割引券が4枚もらえます。
年間で3,000円分の割引券ですから、お得ですね。
もし1年以上継続して株をもっていた場合は枚数が追加され、3月末で5枚、9月末で5枚と、年間で5,000円分の割引券がもらえることになります。
更に2年以上だと3月末に6枚、9月末に5枚で5,500円の割引券になります。
このように、長期保有している株主に対して株主優待を充実させる企業もありますので、株主優待の内容もよくチェックするといいでしょう。

リスクも理解しながら、少額の株で投資を始めてみては?

まとめ_リスクも理解しながら、少額の株で投資を始めてみては?.jpg

本記事では、初心者でも挑戦しやすい日本株での株式投資についてご説明しました。投資ですので、マイナスとなるリスクももちろんあります。それを理解しうまく運用していくために、まずは10万円以下で買える株式で仕組みを理解していくといいでしょう。配当金や株主優待がもらえる銘柄もたくさんありますので、自分に合った銘柄を探し資産を増やしていけるようにしましょう。