資産運用するなら、おすすめは投資信託!

金融

資産運用を始めてみたい!でも、初めての時はいったい何から手をつければいいか迷いますよね。ここでは、初めての場合でも低リスクで始められる資産運用についてご紹介していきます。

資産運用にはどんな選択肢があるか?

ある程度まとまったお金が貯まってきたら、将来のことも考え資産運用をしたい考える方も多いと思います。もちろん、銀行に預金することも立派な資産運用です。しかし物価上昇率と現在の低金利での預金の利子は釣り合っていないため、預金では将来的に資産が目減りしてしまう可能性があります。ただ、預金保険制度で1,000万円までは元本と利息が保証されている安心感はあります。

それでも少しでも金利のより外貨預金の方が良いのではないか、また株式、金(ゴールド)、国債、不動産投資などだと資産運用できるのではないか、というとさまざまな種類が浮かぶかもしれません。

知識が少なくて、小額でも始められるものは?

知識が少なくて、小額でも始められるものは?.jpg

しかし初めての資産運用は知識もあまりなく怖いイメージがつきまとうと思います。その中で運用のプロに任せて投資してもらう、という資産運用を選んでみてはいかがでしょうか。それは投資信託と呼ばれ、プロがさまざまな株などに分散投資してくれます。預金保険制度の対象外ですので元本保証はありませんが、経済や投資のことを知らないのに、いきなり博打を打つよりプロに任せられるという安心感はあると思います。

また小額での投資できることも魅力の一つです。投資というと10万単位、100万円は必要?などと考えがちですが、今では100円から購入ができます。ペットボトル1本より安く金額での投資であれば、投資の勉強としても始めやすいですね。さらに投資信託では、縁遠いと考えがちな海外の金融商品にも投資することができます。

投資信託を購入するときに注意したいこと

投資信託を購入するときに注意したいこと.png

投資信託は運用のプロに任せるとご紹介しましたが、そのために信託報酬などの手数料が発生します。この手数料の中には、信託財産留保額、売買委託手数料、購入手数料、監査報酬、信託報酬、解約手数料などがあり、投資信託によって手数料が異なりますので、よく確認してから購入する必要があります。
この手数料は運用している資産から自動的に差し引かれます。運用している間は負担しなければならない費用となり、この報酬額が高いとせっかくプラスになっても、あまり資産が増えないということになりかねません。

そのため、投資信託を購入する際に、その投資信託がこれまでどのくらい長い期間運用し、その運用パフォーマンスが良いか、純資産総額が増加しているか、どんな分散投資をされているか、そして信託報酬や手数料はいくらかということも併せて確認する必要があります。
ちなみに、それまでの運用パフォーマンスが良くても今後はうまく運用されるかは分かりませんので注意しましょう。

また、毎月分配型の投資信託は、毎月手元に入るので得した気分になりがちですが、長期の運用を考えるのであれば、分配金を再投資する投資信託の方が複利での運用が可能になり、長期的にリターンが大きくなることが多いです。手元に入ってきたお金を自分で再投資すればいいのですが、実際には手間もかかりなかなか続きません。自動的に再投資してくれるものにしておけば、気付かないうちに複利の効果で大きなリターンも期待することができますよ。

長期運用と積立投資で低リスクにする

長期運用と積立投資で低リスクにする.jpg

運用のプロに任せる投資信託といっても、もちろん元本を割ることもあります。そこで長期運用をすることをまずお勧めします。今日上がった、翌日は下がった、などと一喜一憂することなく、長い目で資産を育てていく、というのが長期運用です。更に、最近はインターネットで取引できる証券会社を利用すると、積立投資ができます。毎月1回や2回、さらに毎日積み立てなど、証券会社によって色々なサービスがありますので、ご自分にあった投資のタイミングを決めるとよいでしょう。

積立投資で簡単なのは、毎月の給料日に一定額を投資信託で積み立てることです。自動的に積み立ててもらえれば、今は高い、安いと個人的感情が入ることなく、積み上げていくことができます。もちろん安い時にたくさん買うのがよいのですが、今が安いかどうか後になってみないと分かりませんよね。安いと思ってたくさん買ったけど、翌月になったらもっと安くなっていた、ということもあり得るわけです。

相場は分かりませんので、私情を挟まずに自動積立してくれるサービスは初心者にとても有効です。投資の世界では、このような購入方法をドルコスト平均法と呼びます。
長期運用で5年、10年と長い目で積み立てをしていけば、低リスクで資産を運用していくことも可能です。もちろん長期間持ち続けるだけでなく、数年後に経済状況がよくある程度のリターンがある時に解約をして現金化することも資産運用の一つとして大切なことになります。

投資信託で長期運用し、リターンを目指す

まとめ:投資信託で長期運用し、リターンを目指す.jpg

資産運用のおすすめとして、投資信託についてご紹介してきました。投資商品を選択することで資産運用できますし、近年では100円からでも投資できるようになってきています。自動積み立てサービスなどをうまく活用して、無理のない範囲で長期運用すれば数年後にはリターンも見込むことも可能ですので、ぜひ、色々と見てみましょう。