株式投資における銘柄選定の基準とは?

株式投資

株式投資を行っていく上で、優良銘柄をいかに選択するかというのは、株式投資を成功させるためにとても重要なことです。そこで、今回の記事では、

①優良銘柄とは何か?
②どのような判断基準で選択すればいいのか?
③いつ売買すればいいのか、そのタイミングは?

について説明していきます。これらをしっかりと理解したうえで、資産運用を行い、資産形成をしていきましょう。

優良銘柄とは何か?

ここでいう優良銘柄とは、その企業の財務状況が現状良くまたは改善されつつあり、今後において高い成長が見込まれるような企業の株式のことです。そのような銘柄を選定することが株式投資においては重要です。

どのような判断基準で選択すればいいのか?

business-1730089_640.jpg

優良銘柄とは何かについては、各投資家によって違った判断をすることがあるので、一概には言えませんが、基本的に考えられる基準としては、以下のようなものが挙げられます。

売上高成長率の高さ

売上高とは、会社が1年間で売り上げた全商品、サービスの儲けの総額であり、売上高成長率とは前年度の売上高と比較して今年度の売上高はどれくらい増加したのかを見るための指標です。この指標が増加しているということは、まずは会社の儲けの上限が大きくなっていることが見て取れるので、この時点においては当該会社が成長していると考えることができます。株式投資において、会社の成長は株価を考えていく上で重要となります。

営業利益成長率の高さ

営業利益とは、会社の純粋な本業での儲けのことであり、営業利益成長率とは前年度の営業利益と比較して今年度の営業利益はどれくらい増加したのかを見るための指標です。この指標の増加は、純粋にその企業の中核事業で成長しているのかが分かり、同業他社と比較したときでもその会社には強みがあり、高い成長が期待できると考えることができます。売上高だけではなく、コストを除いた営業利益も加えて判断すべきです。

高いROICを出せているか

ROICとは投下資本利益率のことで、純粋にその事業活動に投下した資本を使ってどれくらい効率的に利益を出せているのかということを知るための指標です。例えば、ROICが20という数字を出した企業があれば、その企業は投下した資本の20倍のリターンを出したことになります。この数字が高いほど企業の成長の源泉である利益を効率的に出している企業となるので、重要な指標の1つです。

将来性の高い事業に先行投資しているか

営業利益はいまだ赤字であっても、今後高い成長が期待できる市場にポジションをとっている場合であるかも重要な判断基準の1つです。

例えば世界的にも有名な「Amazon」も近年まで営業利益は赤字でしたが、多くの投資額が集まっていました。なので、現状は赤字でも成長が期待できる事業に投資しており、将来大きな利益を見込めると判断できれば投資実行の判断を下すことも求められる場合があります。

いつ売買すればいいのか、そのタイミングは?

business-170645_640.jpg

これまでは、ファンダメンタルズ(企業の現在の財務状況)を中心に説明してきましたが、もう1つ重要判断基準があります。それは、その企業の株をどのタイミングで買い、売るのかということです。

基本的に考えられるのは、ファンダメンタルズ分析で見つけた企業の株価が底値付近にへばりついているときやアップトレンドが開始したと見られるなるべく初期の段階で買い、売るときは大きな出来高が発生している期間中に流れを読んで売却するのも1つの考え方です。

その方法としては、移動平均線の相場の方向性(短期線が長期線をしたから上抜いているか等)とサポートラインやレジスタンスラインを駆使しつつタイミングを見計らうのも検討してみるのが良いでしょう。

また、短期売買をするのか長期的売買を行うのかしっかり決めて売買を行うのがよいのではないでしょうか。(短期的には買いだが、長期的にはホールドするのに向いていない銘柄などもあるので注意。)

優良銘柄選定のチェックポイント

accounting-1928237_640.png

優良銘柄を選んでいく上でのチェックポイントは以下の点です。

・利益成長率などを見ながら、ROICなどの投資効率性の指標をチェックする
・将来性の高い市場にしっかりと先行投資できているのかチャックする
・移動平均線、サポートラインやレジスタンスライン使用し、出来高などを確認しながら、相場の方向性や売買の過熱ぶりをしっかりとチェックし売買する
・短期売買をするのか、長期売買するのかをしっかりと決めること

上記で説明した、売上高や営業利益の成長率を確認しながら、ROICなどの効率性指標をしっかり確認して銘柄を選定ができます。そして、選定の上で、現状のみならず将来を見越して成長性の高い市場に先行投資している企業なのかも合わせてチェックしてください。

また、自分が行おうとしているのは、短期売買なのか長期売買なのかしっかりと最初に決めたうえで売買を行うようにしましょう。

まとめ

株式投資で成功するためには、ファンダメンタルズの側面からしっかりと優良銘柄を選定したうえで、移動平均線、出来高などを使って売買のタイミングを見計らって、売買の方向性をしっかりと決めたうえで投資を行うことであると思います。なので、この記事をご覧の皆さんは、上記で説明した内容をしっかりと押さえたうえで株式投資を行っていくのが良いのではないでしょうか。