デイトレは寄り付き勝負、買い方がポイント

株式投資

株取引の短期トレードで「1日の内に反対決済までを終える」という超短期スタイルがデイトレード、これを略してデイトレと呼んでいるのはご承知かと思います。その取引の基本は買った銘柄を全て、その日に売却(空売りも同様に買い戻し)して、翌日まで持ち越さないことです。

では、このデイトレに有効な「タイムトレード」があるのを知っていますか?

株を長期保有して資産を増やしていく長期トレードと比べ、わずか1日投資のデイトレは低い利幅を確実に重ねて、こつこつ資金を増やしていく取引ですから、なにより〝取引の勝負どころ〟を見極めることが欠かせません。

その勝負どころは、日経平均株価が上昇を見込める日の「寄り付き」の30、40分間に仕掛ける「タイムトレード」が大きなポイントの一つになります。また、買いのケースなら、日経平均に連動した上昇チャートを描く人気株など儲けの確率が高い銘柄選びが、もとより重要なポイントになりますので、その2つの買い方の妙味を説明してみましょう。

今、デイトレとは?資金力がない「他日に期する」トレーダー向き

株上昇曲線progress-3936332__340.jpg

株市場に参入と手仕舞いをその日の内にやってしまうトレードがデイトレ。20年前ごろから、インターネットの爆発的普及につれて、手数料が約10分の1という安いネット証券が続々出現し、対面営業ぬきの上、パソコンやモバイルで取引が即できる簡便さが受けて、デイトレの大衆化が進みました。昔から「日計り取引」と呼ばれて、株取引の業界では一段と低くみられていましたが、資金力がそんなになくても市場参加できることから、会社員や主婦たちの間でも盛んに行われており、今やスマホアプリで取引する姿が普通になっている有様です。

このデイトレ。株価の瞬間的な上がり下がりの波に乗って、仕込んだ株をその日に決済するシンプルさばかりが強調され、リスク性が高いとみられる取引ですが、他方で低い利幅で確率高く資産を重ねていく手法は継続すれば、トレーダーを大きく成長させる取引スタイルでもあるのも確かでしょう。

こうしたデイトレーダー中には、研究熱心で自分が決めた株売買ルールを守り、同じ売買作業を繰り返すことができる人が多く、間違いなく資産づくりでも同様のペースで増やしているはず。今こそ、大きな資産をつくる長期トレードの地盤ができつつあるとも、いえなくもありません。そこで、他日を期して一途なデイトレ作戦に頑張る人たちの〝デイトレのコツ〟を見てみます。

大半の取引が活発な「寄り付き」に的を!

東京証券取引所では前場(午前9時から12時半)、後場(午後12時半から15時)の売買があり、それぞれの最初の立ち会いを「寄り付き」といいますが、通常、「寄り付け」は前場を指します。大事なことは〝取引の勝負どころ〟を見極めることであり、その時間帯は「寄り付き」から30、40分が仕掛けの頃合いだ、と先に言いましたが、その理由を次ぎに説明しますと―。

それは通常、数日来の東京市場や米国のNY市場の値動きが上昇傾向である場合、その値動きが日経平均株価に引き継がれる事が多いので、多くの投資家が前場の「寄り付き」の時間帯に商いを集中して行う傾向があるからです。

多くのトレードがなされば株価は活発に動きます。そんな市場は下落リスクも少ないため、寄り付きの30、40分の時間帯を見計らって買い付け・売却が相次ぎ、利食いをする作戦が成り立つのです。もとより、いろんなケースがありますので、一概にはいえませんが、デイトレでは株価が1㌫が上がると利益確定が基本という、専門家の意見もあります。

ぐずぐずして株保有をしいると、市場が午前10時過ぎるころには、下げに転じる株価の流れに巻き込まれてしまう…。そんな時一番肝心なのは、ちょっと欲張って大きな損をしないことです。その前に確実に利益確保をする。そして、利益が出なければ、早目のロスカット(損切り)で大きな損を避けることが、デイトレに伴うタイムトレードの最重要なポイントなのです。最も現実のトレードでは、早めの利益確保とロスカットが出来る人とそうでない人がおり、さまざまな「成功!残念!」の悲喜劇が毎日生まれているのですが…。

逆に日経平均が、明らかに安いことが予想される日は空売り(信用売り)が物をいいます。このケースは、売りに入った株を寄り付きから30、40分で買い戻すこと基本ですが、信用取引の空売りは本来、買いから入るトレード以上のリスクがあるので、株取引の経験を積み重ねた後にチャレンジするほうが無難です。株初心者は特に心しておきましょう。

デイトレは東証一部で値動きの安定した株を狙おう。

取引所イメージprocess-3936336_1920.jpg

デイトレでは確率の高い小さな儲けの積み重ねこそが重要で、確率が低い大きな儲けを狙うリスクの高いトレードはやってはいけません。となると、デイトレ初心者のスタートには、「東証一部銘柄で値動きの安定した株」をお勧めしたいと思います。その株でなんども利益を出したり、ロスカット(損切り)をしてデイトレの感覚を養い、投資の経験を積むことが肝心なのです。

とはいえ、東証一部なら何でもよいというわけではないのは当然ですね。選ぶ銘柄は、日経平均がプラスなら連動して上がる株。日経平均の225銘柄や優良株といわれている銘柄からそれらしい株20本くらいを選び、毎日、①寄り付きの株価②前場の高値③前場の安値の3データを取り、もちろんその株が描くチャートも分析して、どの株が自分のデイトレに適しているかを調べます。そして、日経平均がプラスに動く日に連動して上がる株で1㌫の値幅取りができる銘柄を探し出し、トレードにやおら参入するのが賢いトレードの道筋です。こうした日常の努力が後々のトレードに役立つのは間違いありません。

デイトレは寄り付きのタイムトレードで波乗りを!

デイトレは、低い利幅を確実に重ねて、こつこつ資金を増やしていく超短期のトレードで、買った銘柄を全て、その日に売却するのが鉄則です。空売りなら全部買い戻し、翌日まで持ち越さない取引のこと。このため、〝取引の勝負どころ〟の見極めが特に重要です。それには有効な「活発な取引寄り付きのタイムトレード」つまり、日経平均株価の上昇が確率高く予想できる日の「寄り付き」を狙って、その30、40分間に仕掛ける人気株狙いの取引で利益の積み上げを繰り返すことを忘れてはなりません。株初心者とって、この株取引継続こそ、他日に大きな資産を産む長期トレードに本格参加する礎になるのは請け合いです。

◇記事タイトル「デイトレは寄り付き勝負、買い方がポイント」

 

◇前書き

 

株取引の短期トレードで「1日の内に反対決済までを終える」という超短期スタイルがデイトレード、これを略してデイトレと呼んでいるのはご承知でしょう。その取引の基本は買った銘柄を全て、その日に売却(空売りも同様に買い戻し)して、翌日まで持ち越さないこと。では、このデイトレに有効な「タイムトレード」があるのを知っていますか?

 

株を長期保有して資産を増やしていく長期トレードと比べ、わずか1日投資のデイトレは低い利幅を確実に重ねて、こつこつ資金を増やしていく取引ですから、なにより〝取引の勝負どころ〟を見極めることが欠かせません。

 

その勝負どころは、日経平均株価が上昇を見込める日の「寄り付き」の3040分間に仕掛ける「タイムトレード」が大きなポイントの一つになります。また、買いのケースなら、日経平均に連動した上昇チャートを描く人気株など儲けの確率が高い銘柄選びが、もとより重要なポイントになりますので、その2つの買い方の妙味を説明してみましょう。

 

◇見出し① 今、デイトレとは?資金力がない「他日に期する」トレーダー向き

 

株市場に参入と手仕舞いをその日の内にやってしまうトレードがデイトレ。20年前ごろから、インターネットの爆発的普及につれて、手数料が約10分の1という安いネット証券が続々出現し、対面営業ぬきの上、パソコンやモバイルで取引が即できる簡便さが受けて、デイトレの大衆化が進みました。昔から「日計り取引」と呼ばれて、株取引の業界では一段と低くみられていましたが、資金力がそんなになくても市場参加できることから、会社員や主婦たちの間でも盛んに行われており、今やスマホアプリで取引する姿が普通になっている有様です。

このデイトレ。株価の瞬間的な上がり下がりの波に乗って、仕込んだ株をその日に決済するシンプルさばかりが強調され、リスク性が高いとみられる取引ですが、他方で低い利幅で確率高く資産を重ねていく手法は継続すれば、トレーダーを大きく成長させる取引スタイルでもあるのも確かでしょう。

 

こうしたデイトレーダー中には、研究熱心で自分が決めた株売買ルールを守り、同じ売買作業を繰り返すことができる人が多く、間違いなく資産づくりでも同様のペースで増やしているはず。今こそ、大きな資産をつくる長期トレードの地盤ができつつあるとも、いえなくもありません。そこで、他日を期して一途なデイトレ作戦に頑張る人たちの〝デイトレのコツ〟を見てみます。

◇見出し② 大半の取引が活発な「寄り付き」に的を!

 

東京証券取引所では前場(午前9時から12時半)、後場(午後12時半から15時)の売買があり、それぞれの最初の立ち会いを「寄り付き」といいますが、通常、「寄り付け」は前場を指します。大事なことは〝取引の勝負どころ〟を見極めることであり、その時間帯は「寄り付き」から3040分が仕掛けの頃合いだ、と先に言いましたが、その理由を次ぎに説明しますと―。

 

それは通常、数日来の東京市場や米国のNY市場の値動きが上昇傾向である場合、その値動きが日経平均株価に引き継がれる事が多いので、多くの投資家が前場の「寄り付き」の時間帯に商いを集中して行う傾向があるからです。

 

多くのトレードがなされば株価は活発に動きます。そんな市場は下落リスクも少ないため、寄り付きの3040分の時間帯を見計らって買い付け・売却が相次ぎ、利食いをする作戦が成り立つのです。もとより、いろんなケースがありますので、一概にはいえませんが、デイトレでは株価が1㌫が上がると利益確定が基本という、専門家の意見もあります。

 

ぐずぐずして株保有をしいると、市場が午前10時過ぎるころには、下げに転じる株価の流れに巻き込まれてしまう…。そんな時一番肝心なのは、ちょっと欲張って大きな損をしないことです。その前に確実に利益確保をする。そして、利益が出なければ、早目のロスカット(損切り)で大きな損を避けることが、デイトレに伴うタイムトレードの最重要なポイントなのです。最も現実のトレードでは、早めの利益確保とロスカットが出来る人とそうでない人がおり、さまざまな「成功!残念!」の悲喜劇が毎日生まれているのですが…。

 

逆に日経平均が、明らかに安いことが予想される日は空売り(信用売り)が物をいいます。このケースは、売りに入った株を寄り付きから3040分で買い戻すこと基本ですが、信用取引の空売りは本来、買いから入るトレード以上のリスクがあるので、株取引の経験を積み重ねた後にチャレンジするほうが無難です。株初心者は特に心しておきましょう。

 

◇見出し③ デイトレは東証一部で値動きの安定した株で確実に儲けよう!

 

何度も申しますが、デイトレでは、確率の高い小さな儲けの積み重ねこそが重要で、確率が低い大きな儲けを狙うリスクの高いトレードはやってはいけません。となると、デイトレ初心者のスタートには、「東証一部銘柄で値動きの安定した株」をお勧めしたい。その株でなんども利益を出したり、ロスカット(損切り)をしてデイトレの感覚を養い、投資の経験を積むことが肝心なのです。

 

とはいえ、東証一部なら何でもよいというわけではないのは当然ですね。選ぶ銘柄は、日経平均がプラスなら連動して上がる株。日経平均の225銘柄や優良株といわれている銘柄からそれらしい株20本くらいを選び、毎日、①寄り付きの株価②前場の高値③前場の安値の3データを取り、もちろんその株が描くチャートも分析して、どの株が自分のデイトレに適しているかを調べます。そして、日経平均がプラスに動く日に連動して上がる株で1㌫の値幅取りができる銘柄を探し出し、トレードにやおら参入するのが賢いトレードの道筋です。こうした日常の努力が後々のトレードに役立つのは間違いありません。

 

◇まとめ見出し デイトレは寄り付きのタイムトレードで波乗りを!

 

デイトレは、低い利幅を確実に重ねて、こつこつ資金を増やしていく超短期のトレードで、買った銘柄を全て、その日に売却するのが鉄則です。空売りなら全部買い戻し、翌日まで持ち越さない取引のこと。このため、〝取引の勝負どころ〟の見極めが特に重要です。それには有効な「活発な取引寄り付きのタイムトレード」つまり、日経平均株価の上昇が確率高く予想できる日の「寄り付き」を狙って、その3040分間に仕掛ける人気株狙いの取引で利益の積み上げを繰り返すことを忘れてはなりません。株初心者とって、この株取引継続こそ、他日に大きな資産を産む長期トレードに本格参加する礎になるのは請け合いです。