株取引はチャート分析を成功の一歩に、出来高も見逃さず。上ひげ、下ひげ、十字線

株式投資

株取引の動きをグラフにしたものが株価チャート。代表的なチャートに日本生れ(江戸時代の米相場に起源)のローソク足と呼ばれる記録法があります。このローソク足は、始値(はじめね)、高値、安値、終値の4つを使って描かれるチャートで、相場の強弱を見るのに便利です。

その始値と終値を結んで描く四角形の箱(ボックス)が、白いときは「始値が終値より高い」、つまり株価は上昇傾向を表します。黒いときは「始値よりも終値が安い」下降トレンドにあったというように、値動きがひと目でわかるのです。

ネット証券の取引ツールのチャート画面には、ほとんどがローソク足に出来高が併せて表記されています。このローソク足チャートには〝売り手と買い手のかけひき〟つまり市場の心理が表れているといっても言い過ぎではありません。株取引をする人に多くの情報を教えてくれますので、しっかりと見方を知っておきましょう。

陽線と陰線で描くローソク足

ロウソク足チャート.png

株価の上げ下げする推移を記録した四角形の箱(ボックス)が並ぶグラフがローソク足チャート。始値よりも終値が高いときは「陽線」と呼ぶ白抜きの箱を描き、始値より終値が安い場合は箱を黒く塗りつぶした「陰線」になります。

株が上昇するときは陽線が多く現れ、ボックスは長方形になるほど相場が強い。反対に下落するときには陰線の登場で、これまた長方形が長くなるにしたがって相場の度合いが弱い。ただ、陽線と陰線で始値と終値の位置が上下逆になることに注意しておきましょう。

長い「上ひげ」と「下ひげ」、それに「十字線」は変化点の一つとして要注意

デイとレーダー.jpg

ボックスの上下に伸びる長短の棒線は「ひげ」といわれ、その日の高値や安値を表します。「ひげ」付きボックスの形が、本物のローソクに似ているので「ローソク足」とか「キャンドルチャート」と呼ばれています。

「ひげ」の出方、つまり長短によっても、株価の動きの流れが見てとれます。「上ひげ」は売り圧力が強く、長いほど強さは増すシグナルといえますので、その時点で買うのはリスクが大きく、避けなければなりません。

買い出動のシグナルである「長い下ひげ」が出る時点の株価になるまで、じっと忍耐強く待たなければなりません。というのは、「下ひげ」はいわゆるテクニカル分析では、下値の限界を表すので、「下ひげ」は長ければ長いほど上昇する傾向があるのです。逆に「上ひげ」は下降に転換するサインと言えます。かなりな上昇の後に現れる長い「上ひげ」はことに注意です。

もう一つ強調したいのは、始値と終値がほぼ同価格の際に現れる十字線(同時線)のこと。ボックスが無い線で、これが出るときは買いと売りが均衡している状態と考えられます。株価上昇の高値圏で現れた十字線は下降の兆し、下値圏で現れた「下ひげ」の十字線は、この後上昇が考えられます。もちろん何時も必ずそうなるというわけではありませんが、こうした傾向を知っておくことが大事です。

ローソク足には分足・日足・週足・月足といろんな表示期間あり

さらに、始値、高値、安値、終値の4つの株価で描くロウソク足には、いろいろな表示期間があります。つまり、始値と終値をいつにするか、期間を変えることによって、同じローソク足でも表す内容が違ってくるのです。

≪日足≫

日本の株式市場には前場(午前9時から11時半)と後場(午後12時半から15時)の取引があります。この1日の値動きを表したローソク足を日足といいます。つまり朝の寄り付きと大引けの値段を使って記録したものです。

≪週足≫

1週間(原則が月曜から金曜日)の取引のローソク足のことで、月曜日の始値が始値となり、金曜日終値がその週の終値になります。週足には、5日間の日足の動きも網羅され、中間的なスタンスで落ち着いて相場を見ることが可能です。

≪月足≫

月の初めの営業日の始値と月末最終営業日の終値がポイント。ひと月の動きの中に約20日分、4週間分のデータも入るので、株価の大きな流れをつかむことに適しています。

≪年足、分足≫

この他、もっと大きな流れを見る「年足」や、逆に超短期の動きを見る「分足」もあります。

そして、多くの株価チャートの下部には、同じ期間の出来高を表す棒グラフが並んでいます。両方をあわせてみると、通常は株価に先行して出来高が上下しているのがわかります。出来高急増につれて株価が上昇するのは、その銘柄を買いたいと思う人が多く、人気が出てきた証拠。出来高が株の先行シグナルといわれる所以です。もし、株価が多少上がっているのに出来高が少なければ、上昇の勢いは続かないと見るのが妥当でしょう。

優れものチャートのローソク足で株価の動きもばっちり

手書きの株グラフ準備.jpg

株取引の動き・推移がひと目でわかるのが、株価チャートのローソク足です。一見、単純に見えますが、実はただの棒線グラフや折線グラフではありません。始値、高値、安値、終値の4つを使って描かれる白い陽線と黒い陰線のローソク足で、相場の強弱を見ることに適しているのです。

また、今ではローソク足チャート画面に、株価の先行シグナルの出来高も併せて掲載されているので、初心者はしっかりと見方を知っておきましょう。なにしろ、ロウソク足がわかれば、相場の転換点が読めて、買い時・売り時を探す強力な武器となります。

しかし、このチャートはローソク足の長さや形の違いに、それぞれ特有の意味が多くあります。このほか、売りシグナルを見つけるチャートパターンを覚えておくことも必要で、一筋縄ではいきませんが、とりあえず初心者向けに十字線や「上ひげ」「下ひげ」などのサインを紹介してみました。チャートで市場心理をしっかり読んで、ぜひトレードに生かしてみてください。