ロスカットは自ら作った株取引ルールで即断速攻!

株式投資

株を始めて儲けられず、泣きを見がちな短期トレーダーには、2つのタイプがあります。ひとつは、ぐずぐずと考える時間が長すぎ、利益確定やロスカット(損切り)が遅れる人。もうひとつは、ロスカットができないタイプの人です。〝ロスカットルール〟をなにがなんでも守るのは勇気がいりますが、ルールに徹したトレードの先には「大成功」が待っています。

利益確定とロスカットのルールを自分に課し、株価が上がったら考えるまもなく売って利益確定する。ロスカットも同様に素早く逃げて、損を最小限度にする。そこそこの利益にしかなりませんが、こうした即断即決を続けてトレードの成功体験を積み重ねていきましょう。

ロスカット名人になることが成功のコツ

簡単に取引参入?.jpg

ロスカット=損切りです。もともと、株取引で含み損を抱えているケースで、損をこれ以上増やさないために、株を早目に売却する手法がこう呼ばれます。これに対して「塩漬けになる」とは、大きな含み損の株を持ち続けざるをえない、厄介な状況をいいます。

ともかく、資産の増加を目的に株投資を始めたのに、気がつくと資産は減るばかり、という状況が続くのでは目も当てられません。一刻も早くロスカットをして、損をなるべく少なくしなければならない。株が塩漬けにならないように、速やかな売りこそが求められるのです。

塩漬けにならないため、「上手なロスカットこそ、儲けるコツ」と言って大きな利益を上げている人もいます。損切りをできるだけ早目にして、損を拡大させない。ひとつの銘柄での失敗は、損が確定したところで終わり。そして、別の銘柄を選び「反転攻勢に出るしかない」。こうした株取引の心構えができると、新たな株投資の道が開けるチャンスもやってきます。徹底したロスカット作戦をする株投資家だけが「儲けのコツこそロスカット」と胸を張って言えるのです。

自分流ルールの徹底したロスカット決行だ

手書きの株グラフ準備.jpg

含み損を持って毎日がブルーのトレーダーが、楽しんで株投資をするには、利益確定とロスカットについて、まず自分のルール作りをする。そして、決めたルールは、何があっても守る徹底したトレーダーに変身するしかありません。これは、ささやかな投資経験をした筆者の感想です。ちょっとした利益が積み重なり始めると、胸の内から霧が晴れたようになっていくのがわかります。

となると、デイトレなどの短期トレードの初心者はまず「1%上がったら利益確定、ロスカットも1%安で対処する」という自分なりのルール作りをして即実行するとよいでしょう。当然ながら、1%で利食いは大きな資産作りを目指す人にとっては、まどろっこしいのは承知のとおりです。なにより徹底したトレードに慣れることを優先して、その後自分の腕と成果を見ながら1%ルールから2%あるいは3%ルールへ上げていくべきです。

株のプロたちの話や解説本によりますと、実行に際しては、売りも買いも「機械的にする」ことがキーワードに違いはないようです。それは一度決めた利益確定やロスカットも自分のルール通りにやるということです。

もとより前提条件があります。言うまでもないことですが、日経平均株価に連動して上がり、株価の位置が低いものなど良い銘柄で、日経平均株価のチャートから上昇が見込める日に、それも前場の寄り付きに狙いを定めてトレードをしなければなりません。

それは通常、1日に商いが集中する時間だからです。したがって、日経平均の上昇が見込めないなら、取引をしないという、これも投資ルールの1条項にして守ることが必要です。

ロスカットに慣れて楽しい株投資をしよう

株初心者の短期投資には、利食いとロスカットをしっかりして、こつこつと利益を積み重ねるシンプルな手法が一番です。「自分で決めたルールに従って、冷静にそして果断に株投資をしたい」と、張り切ってオンライン証券の取引画面を前にしますと、その決心も吹っ飛ぶのが株トレードの現場です。

ともすれば、ちょっと自分の銘柄が上昇の動きを見せると、もっと上がらないかと欲を出す。含み損が出ているときは、さらなる損を恐れてロスカットを控えたくなるのが当たり前。こうして利益確定やロスカットのタイミングを逃して、「残念!無念!」となってしまいます。

そこで、デイトレなど短期トレードに取組む人こそ、自身が作ったルールを実行する際、機械的に取組む事を心がけましょう。要は、淡々と損切できるようにロスカットに慣れること。将来の資産増を目指した楽しいトレードのポイントは、なにより株のロスカットを徹底することが大事なので意識してみてください。