50万円で始める株式投資術

株式投資

株式投資を始めるには、まず初めに投資予算を決める必要があります。よく耳にするのが「10万円で始める株式投資」ですが10万円で数銘柄のポートフォリオを考えてみるとミニ株や超低位株への投資しか手段がありません。

それでは50万円ならどうでしょうか。

予算額が10万円の時と比べた場合、最大のメリットは、「分散投資」がしやすくなることです。予算が50万円あれば、最低売買金額が低い銘柄という制限はありますが、単元株で5銘柄程度に分散投資することも十分可能になります。仮に、5銘柄に投資可能となれば、様々な銘柄や業種に関心が高まることに繋がり、必然的に、みなさんの知識の幅も広がります。これならば、十分に本格的な個人投資家と言えます。

50万円という投資資金について

shutterstock_477057409.jpg株を始めるには最低50万円用意するのが理想だと説明しました。しかし、みなさんの持っている全資産を株に投資するのは絶対にやめましょう。余裕資金は手元に残しておかなければ、急を要する出費や万が一の事態に対処できなくなってしまいます。たとえば、急な病気やケガに見舞われたり、友人の結婚式が重なったり、どうしても買いたいものができたり。その時に保有株を売却してお金が工面できればまだしも、一時的に値下がりし、急な出費に対応できなくなってしまったら、目も当てられません。

株はリスクのある金融商品です。余裕資金を投資に回すように考えなければなりません。余裕資金とは、具体的に言うとどのような資金のことでしょうか。みなさんの余裕資金は、「現金・預金」から「生活費」と「近い将来使い道が決まっているお金」を引いた資金のことです。これらの資金は、みなさんが日常生活を送ったり、幸せな人生を計画したりするために必要不可欠なものです。

50万円の分散投資術

shutterstock_144734233.jpg

通常、株式を売買する際には、「単元」と呼ばれる最低限まとめて購入しなければならない株数が決められています。1株ずつ売買することは基本的にできません。例えば、トヨタ自動車の単元株は100株なので、100株単位で買わなければなりません。1株1,000円で単元株が100株の株を1単元購入しようと思ったら、1,000円×100株=10万円の資金が必要になります。

こういった例を見ていただければ、自分の投資したい銘柄に投資するには、まとまった資金が必要であることがお分かりいただけるかと思います。投資資金は多ければ多いほどよいのですが、最低でも50万円は用意するのが理想です。その50万円で投資をするにあたり投資対象となるものとして、一つ一つの企業を探しだして投資するのではなく、「テーマ」に投資を考えてみるのも一つの手段として挙げられます。

一例として最近よく耳にする「ドローン」や「宇宙開発」といったテーマを選ぶことで、そのテーマに関連した複数の企業に投資します。テーマに沿った有望企業10社に分散投資することで、リスクを分散させながら将来有望な企業に長期間投資ができて効率的な資産運用ができると考えられます。

投資手法の確立

shutterstock_526405987.jpg

投資の世界はリスクとリターンが常に表裏一体と考えなければなりません。基本的にローリスクハイリターンは存在しないので、目標倍率が高くなれば、それだけ高いリスクを取らなければならないということになります。そのため、人気銘柄への集中投資は慎重にしなければなりません。

また、予算額が50万円ならば、1つの銘柄への集中投資もし易くなります。ただ、この時注意すべきは、ついつい、最低購入金額の大きい有名な人気銘柄へ、集中投資してしまいがちなことです。少額から経験やトレーニングを積んだ投資家であれば、集中投資も選択肢の1つになりますが、初めて株式投資を行う方にとって、集中投資はリスクが高いと言わざるを得ません。そのようなことを念頭において自分の投資手法を確立していかなければなりません。

50万円で始める株式投資の楽しみ術

shutterstock_134918630.jpg

50万円で始める株式投資の楽しみ方の一つとして、ロボアド(ロボットアドバイザー)に投資して50万円を増やしてもらうという手法があります。ロボアドの運用は投資信託の運用と似ており、長い時間をかけて着実に資産を増やすことを目指しています。

ただし、例えロボアドであっても、全てにおいて完璧な結果が得られるわけではありません。当然、投資するタイミングなどによりマイナスになることもあり得ることを理解しておく必要がありますし、「自分の身になる投資」になりませんのでロボアドバイザーはあまりお勧めできる物ではありません。

また、その他の楽しみ方として「超リスク分散投資」に傾注してみるというのも一考の価値があります。例えば1銘柄1万円程度のミニ株を50銘柄程度保有してみてはいかがでしょうか。50銘柄におよぶ企業への株式を保有することで、10銘柄保有でのリスク低減よりも大幅にリスクを削減することができます。更に多種多様な銘柄に投資ができて楽しみながら資産管理ができると思います。ただし、どのような投資をしても必ずリスクがあります。そのため、株式投資は全て自己責任で行うことも忘れてはいけません。

まとめ

株式投資は、万が一なくなったとしても困らない資金でやらなければなりません。そして株式投資成功の秘訣は「ローリスクを長時間続けること」だと言われています。一時の株価の上げ下げに一喜一憂することなくリスク低減、リスク回避を常に頭の片隅において自分の大切な資金50万円を有効に投資してみてはいかがでしょうか。株式投資はギャンブルではなく、着実にお金を増やしていける立派な資産運用の手段です。