30代でも遅くない!資産運用を始めよう。その具体的な方法とは?

株式投資

30代になり、収入が安定してきて資産運用に目を向ける方も多いのではないでしょうか。また20代は「若者」と呼ばれることもまだ多く、将来のことをあまり考える機会がなかった方も、いざ30代になってみて「老後」という言葉が胸に響くようになった・・・という話もよく耳にします。

本記事では、30代の投資初心者が資産運用をどのように始めたらいいのか、またリスクについてもご紹介します。

30代で資産運用をスタート!

shutterstock_187438508.jpg

投資は早く始めるのがいいと言われています。学校を卒業し、収入を得るようになってすぐに投資を始める方もいるでしょう。また、早い人では学生の時にアルバイトで稼いだお金で少しずつ投資を始めた、という声も。

そう聞くと、30代・・・既に出遅れた?!と不安になる方もいるかもしれませんが、投資は、始めようと興味を持った時が始め時ともいいます。

また30代といっても、生活環境によって投資スタンスは異なります。独身か結婚しているか、子供はいるか、いるとしたら何人か。家を持っているか、また近いうちに購入予定はあるのか、ということでも違ってきます。

それぞれの生活スタイルを考慮しながら、可能な形で資産運用をスタートしてみてはいかがでしょうか?

自分も働き、お金も働く

shutterstock_572804956.jpg

30代は、バリバリと仕事をこなす年代と言えます。それではお金は?と言うと、日本のメガバンクに普通預金に預けている場合、利息が0.001%という時代。1年間100万円を預けて利息が10円です。これはお金が眠っている状態ともいえるでしょう。

投資はお金が働く、とも言えます。自分も働き、お金にも働いてもらうことで、車輪を2つにし、資産を積み上げていくのです。

例えば、投資をして100万円が1%で運用することができれば、1万円増えることになります。10円と1万円では大きな違いですよね。

自分が働いて収入がある、というのも大きな馬力となります。例えば、定年後で収入がない場合の投資は、これまでの投資から得たお金で再投資する、ということになります。しかし、今現在収入があり、投資に回せるお金が毎月少しでもあれば、投資金額を増やすことができ、さらに運用で得たお金を再投資する、という好循環を作ることができます。

何に投資するか?

shutterstock_268579835.jpg

それでは具体的に何に投資すればいいのか、ということになりますが、投資初心者であれば投資信託が一つの手段です。

投資というと株式や不動産などを思い浮かべると思いますが、株式はチャートを見て購入する銘柄を決めたり、買うタイミングを考えたりとなかなか初心者には手を出しにくい側面があります。また不動産は不労所得として有名ですが、まずある程度の大きなお金を投資しなければならず、不動産の選定や管理、書類なども非常に煩雑となります。

投資信託は100円からでも買える時代となり、毎日買っていたジュースを止めて水筒持参にして、100円を毎日投資へ、という堅実な投資をする人も出てくるようになりました。

たしかに、毎月10万、20万と大きな金額を投資に回せる人はいいのですが、税金、生活費・・・色々とかかることを考えると、毎月1万円でも2万円でも少しずつ投資に回せていけたら、と考える投資初心者が多いと思います。
またこれまで投資をしていなかった人は、まずはお試しで少額で始めた方が気楽に始められるでしょう。

ネット証券などでは毎日積立できるプランや、毎月積立などを提供しています。お勧めは積立を設定してしまうことです。銀行の定期預金なども、給料が振り込まれる口座に設定しておいて給料日に自動積立をしている方も多いのではないでしょうか。

それを、投資信託にしてしまうのです。煩わしさは、最初の設定だけで後は自動的に積み立てられていくので、気付いたらお金が貯まっていた!さらにうまくいくと運用益でこんなに増えていた!という事もあり得るのです。

投資の割合に気を付けて

shutterstock_1026630472.jpg

30代で資産運用に興味を持ち、投資する場合、ある程度貯蓄もあり、すべて投資に回してしまえばお金がどんどん増えるのではないか、と思ってしまうかもしれません。

しかし、必ず投資する割合を考えるようにしましょう。例えば給料の3ヶ月分は銀行の普通口座などに確保しておき、万が一何かあった時に対応できるようにしておくことも大切です。

投資した場合、相場が悪くマイナスになるリスクも頭に入れておいてください。そのお金が先々プラスになることも考えられるのですが、もし手元に自由になるお金が無い時に、何か緊急にお金が必要になった場合、マイナスの状態の投資を解約しなくてはならないくなることもあり得るのです。

また、預金と違い、投資は解約や決済してからすぐに手元にお金が引き出せない場合もあります。営業日5日後など思ったより時間がかかる場合もあります。

投資金額が大きいほどリターンも大きいですが、リスクも大きくなります。自分の貯蓄額を考え、どの割合まで投資に回すか決めておくといいでしょう。


30代でも遅くない、資産運用を始めよう

shutterstock_721254634.jpg

投資は始めようと思った時が始め時です。以前は敷居の高い証券会社の窓口に行って・・・となかなか投資初心者には一歩が踏み出しにくいこともありましたが、今はネットですぐに口座が作れます。そしてスマホで投資信託が買える時代にもなっています。まずは少額、30代から資産運用を始めてみませんか。