株式スキャルピングの勝ち方

株式投資

スキャルピングはFxでよく聞く手法で、レバレッジを使って短期間で資金を増やせるという魅力があります。これは株式でも有効な手法ですが、Fxとは注意する点が多少異なります。本記事では、株式スキャルピングの勝ち方を解説し、皆さんの資産形成に役立てられるように、紹介したいと思います。

株式トレードでのスキャルピングとは?

●スクリーニングの楽しみ方.jpg

株式トレードにおいて、スキャルピングはメジャーではないかもしれません。しかし、実際はデイトレードの早期決済が、スキャルピングと言えます。株式では、デイトレードと呼んでいると考えてよいでしょう。

では、株式のデイトレードの中でも、スキャルピング要素が強いトレードとはどんなトレードでしょうか?株式のスキャルピングを要約すると、テクニカルを元に株価が大きく動くタイミングで、ロットを大きくエントリーし、数分以内で決済するトレードと言えます。

株式取引では、銘柄が選べる代わりに、投資単価がFxよりも高い場合が多いです。このため、信用取引でレバレッジをかけてポジションを持ちますが、約3倍しかかけられません。Fxでは日本で数十倍、海外なら数百倍のレバレッジをかけられます。このため、元手の資金をある程度大きく用意する必要があります。目安としては、最低でも50万円はほしいところです。これなら、レバレッジ3倍で150万円のポジションを持てば、売買手数料が数百円かかっても、ワンティックで利益を出せます。

また、株式市場は基本的に9時から15時しかトレードできません。兼業投資家はこの時間帯でスキャルピングをするのは難しいでしょう。Fxであれば欧州時間や米国時間に十分な値幅が期待できます。これらの点を踏まえたうえで、株式トレードでのスキャルピングに挑戦してみてください。

株式スキャルピングの勝ち方は?

「板」は語る市場の動き__340.jpg

株式スキャルピングの勝ち方は、どのように組み立てればよいでしょうか?考えるべき内容はFxスキャルピングと似ていますが、株式特有の要素もあります。これらについて、3つご紹介します。

まずトレードする銘柄は、一日1銘柄から3銘柄に絞ることをお勧めします。株式トレードでは、株価が動く時間帯はだいたい決まっています。その時間帯を絞れば、各時間帯で1銘柄をスキャルピングするイメージになります。実際は、朝の寄付きだけで終わる場合が多いと思いますが、経済指標やニュースで動きやすい時間帯を、もう2つ控えておけば、朝に負けても取り戻すチャンスが生まれます。

トレードにお勧めの時間帯は9:00~9:30、12:30~13:30、14:30~15:00の3つです。特に朝の9:00~9:30はもっとも出来高が多く、株価の変動が激しいので、できるだけ大きなロットでエントリーして、利益を取れるようにしましょう。

次に大事なのは地合いの確認です。株式市場は15時に閉まり、翌朝9時までじっくり相場状況を確認する時間が取れます。特に朝8時くらいからニュースのチェックなどをして、地合いを確認することを忘れないようにしましょう。地合いの強さ次第で、大型株でも十分な値幅が取れる時もありますが、地合いが弱いと出来高が小さく、小型株でしか値幅が期待できないときもあります。これを見誤ると、投入資金と値幅の狙いが狂って、思うような利益を取れなくなります。

最後はリスクリワードの管理です。リスクリワードは中長期投資でも使う概念ですが、スキャルピングでは、特に重要になります。なぜなら一回目のトレードで負けた場合、何回のトレードで取り戻せるか計算できないと、無理なスキャルピングで手数料と負けを積み重ねることになるからです。初心者の場合、負けが続くとメンタルを崩して取り返しのつかない損失を作る場合もあるので、気を付けましょう。

スキャルピンで勝つために大事な資金管理

まとめ:投資信託で長期運用し、リターンを目指す.jpg

スキャルピングに限らす株式トレードで勝ち続けるには、資金管理が大切になります。特にスキャルピングでは、中長期の株式投資とは違った注意点がありますので、紹介しておきます。

まず、スキャルピング特有の注意点に、ギャンブル性が高くなるということが上げられます。スキャルピングは元本の2倍から3倍の資金を一気に投入し、小さい値幅で利益確定を繰り返します。そのため、焦ってエントリーの分析がおろそかになる場合があります。分析を怠り、安易なポジションをとると、コツコツ積み上げた利益を1回のトレードでなくしてしまいやすくなります。スキャルピングを行う場合は、一回のエントリーの根拠を明確にするように心がけましょう。そうすれば、焦って損失を重ねる可能性を減らすことができます。

次にレバレッジのコントロールです。スキャルピングは小さい利益を積み上げるので、何回もやっていると、レバレッジを上げて一気に稼ぎたくなります。しかし、レバレッジを上げてポジションを増やした時に負けると、それまでの利益を吹き飛ばして資金を失うことになります。トレード前に最大ポジションを決めて、それを守るようにしましょう。

まとめ

大切な資産を丁寧に運用しよう.jpg

株式スキャルピングの勝ち方について、紹介しました。スキャルピングは、短期間で資金を大きく増やすことができる反面、レバレッジを使うので、借金を背負う可能性もあります。本記事で注意点を抑えて、資産形成の役に立てていただければ幸いです。