投資の世界はAIによってどのように変わるのか?

library_report01_01.png

世界で初めて「AIでの株価解析」に成功

世界で初めて「4次元アルゴリズム」を開発

 


まずはこちらをご覧ください。

2つの世界初をひっさげて開発された「4次元AI解析ソフト」が
「いかなるパフォーマンスを秘めているのか?」
を客観的に分析したパフォーマンスレポートです。

month_report.png

表示されているのは、2018年10月~2019年2月のレポートで、
「4次元AI解析ソフト」から発信された「株価未来予報」の結果を客観的に数値化したものです。


ご覧の通り、

 10月は「91.91%」
 11月は「95.36%」
 12月は「92.08%」
 1月は「98.99%」
 2月は「93.84%」

という異様に高い「的中率」となっています。


しかし、ただ単に的中率が高いだけではありません。

覚えてらっしゃる方もいらっしゃるかも知れませんが、
「2018年10月」と「2018年12月」は、
日経平均が3,000円~3,500円という歴史的下落を記録したので、
利益をあげるのが非常に難しい月でした。

にもかかわらず、両月ともに90%超の的中率という
日経平均の大きな下落をあざ笑うかのようなパフォーマンス。


一方で「月間利益率(月利)」という観点から見ても、
例えば、最も的中率が低かった10月を例に挙げたとしても、
 月利0~3%だった銘柄の割合は「37.66%」
 月利3~6%だった銘柄の割合は「20.92%」
 月利6%以上だった銘柄の割合は「32.33%」
となっています。


月利0%以下(つまり外れ)の銘柄数は、わずかに「9.09%」。


しかも月利6%以上が「32.33%」というのは、
あくまでも、月利6%「以上」という数字です。

この中には「月利10%」「月利30%」「月利50%」や、
もちろんそれ以上の月利を叩き出した銘柄も含まれています。

おわかりでしょうか。

我々が開発した「4次元AI解析ソフト」は、
「的中率」が「高い」だけではなく、
「利益率」も「抜群に高い」のです。

そして今も「4次元AI解析ソフト」は学習を続け、
日々、進化を続けていますので、
当然の帰結として、2019年もこの快進撃は続いています。

月間的中率=90%超の4次元AI解析ソフトをあなたに。

ご提供物

1. 動画4本

2. メールマガジンでの解説

 

資料のダウンロードは右上のフォームからどうぞ!